旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

肌の免疫力を高めましょう

健康・美容

肌の免疫力を高めましょう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

肌の免疫力を高めましょう

秋のお肌は疲れ気味。
免疫力が低下するとシワ、シミ、肌荒れ、吹き出物ができやすい肌になります。

お肌の免疫力を支えるバリア機能と免疫機能

美しい肌を保つために私たちの体には免疫と言う機能が備わっています。
この免疫力を高め保つことが健康で美しいトラブル知らずの肌を作る上でとても大切です。

肌の免疫力とは外から侵入してくる有害物質から肌を守る機能のことでここで1番重要なのが異物を肌の中に侵入させないように働くバリア機能です。

バリア機能とは角層細胞間脂質(セラミド)[2次バリア]と汗と皮脂で形成される皮脂膜[1次バリア]です。

このバリア機能が高ければたいていの刺激物質やダメージ因子は防げると言われていますが常に100%防げるわけではありません。

バリアをくぐり抜けて侵入してきた異物は肌にダメージを与えます

この異物の侵入を察知しダメージを鎮静させるのが表皮に存在するランゲルハンス細胞これが皮膚内部の免疫機能です。

ランゲルハンス細胞

皮膚の明記力の鍵を握るランゲルハンス細胞は表皮内を自由に移動し皮膚内部の状況を監視して主に2つの働きがあります。

1.伝達機能

異物(最近、ウィルス、紫外線、花粉、金属などの有害物質(が体内に侵入すると察知して防御反応を整える指令を出すそして他の免疫細胞に異物を攻撃するように指令を出します。

2.自己防衛機能

紫外線、刺激、感想など日常的な刺激に対する過剰な反応を沈静化して慢性的な炎症が起こらないようにします。
このランゲルハンス細胞の働きが弱まると肌の免疫機能が低下し、しみ、しわ、炎症、吹き出物など肌トラブルが起こりやすくなります。

免疫力低下の原因

1.加齢

加齢とともに皮脂膜を作る汗や皮脂量、角層細胞監視室セラミドの生成量が減少しバリアが作られにくくなりバリア機能が低下し、異物など刺激に弱くなってしまう。
また、加齢により免疫細胞の機能が低下していきます。

2.石油系合成界面活性剤の使用

洗浄力、ダッシュ力が強い合成界面活性剤は皮脂のバリア機能や角質細胞を痛めてしまい、さらにランゲルハンス細胞の機能を低下させる恐れもあります

3.強いゴシゴシ洗い

スポンジやタオルで体をゴシゴシ洗うと各層の表面が傷つきバリア機能が低下する。

4ストレス、体調不良、寝不足、タバコなど

ストレスが肌に与える悪影響と言えば活性酸素。

活性酸素は細胞を酸化させ、細胞を傷つけ炎症を引き起こし、皮膚のバリア機能を低下させる。

免疫力を高めるケア

1、皮膚のバリア機能を強化する

 バリア機能の要である細胞間脂質セラミドをたっぷり補給する。
 水分化粧水、ジェル+油分(オイル)で皮脂膜を補強する。

2.免疫機能やバリアを壊さない「洗顔&ボディー洗い」

 質の良い洗浄成分の優しい泡で手洗いする。

3、活性酸素を抑制する
 活性酸素を抑制する抗酸化成分でケアをする

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!